ページ上へ

投資は難しい表現の言葉が多い

投資未経験者には馴染みがない専門用語の意味をしっかり理解しておかないと、ソーシャルレンディングをはじめ各投資商品の特性を理解できずに失敗するリスクが高まってしまいます。

知っておきたいソーシャルレンディング用語

ソーシャルレンディングはサラリーマンの副業に最適です。
昨今は老後に2,000万円の資金が必要な試算結果が出るなどして、老後資金獲得のためソーシャルレンディングを始める方が増加しています。

しかし、投資初心者は情報収集する中で専門用語を理解できずに苦しんだり間違った解釈をしてしまう方も多いものです。
そこでソーシャルレンディング関連の投資用語集を一覧にまとめました。
重要性の高い用語を中心に、専門用語の意味を投資未経験者でも分かりやすく解説しています。

専門用語一覧

用語 説明
インカムゲイン 運用益の意味。
ソーシャルレンディングはインカムゲインを狙う投資法で分配金がインカムゲインになる。
インカムロス 運用損の意味。
運用しているファンドが貸し倒れを起こすとインカムロスが発生する。
キャピタルゲイン
キャピタルロス
売却による損益の意味。
株やFX、仮想通貨など買った値段と売った値段の差額で利益を出す商品はキャピタルゲインを狙う投資法になる。
ファンド 投資のために集めた資金のこと。
匿名組合 複数の投資家が集まって特定のファンドに出資を行い、その営業より生じる利益の分配を受けることを約束する契約形態のこと。
分配金 元本以外に支払われる利益の分配金。
ソーシャルレンディングで発生する利益の部分となる。
表面利回り
(店頭利回り)
手数料などを考慮しない利回りのこと。
実質利回り 手数料を差し引いた実際に受け取れる分配金を元にした利回りのこと。
IRR
(最大期待利回り)
投資先の運用が成功して分配金が契約内容の上限で支払われた場合の利回り。
期限の利益 期限が存在することによって当事者(投資家)が受ける利益。
期限の利益の喪失 期限の利益を失うこと、次に紹介するデフォルトや元本毀損と同意語。
デフォルト
(債務不履行)
元利金の返済が滞り返済目処もない状態のこと。
元本毀損 投資した金額に対して100%未満のリターンになること。
元本償還 満期日などに元本が戻ってくること。
遅延 分配金や元本償還の予定日に入金がなく支払いが遅れること。
遅延損害金 遅延発生時に借り手が追加で支払う違約金のこと。
満期償還 予定していた満期に償還されること(分配金・元本の支払いが行われ契約が完結)。
早期償還 借り手の都合で予定より早く償還されること。
インデックス投資 主要な経済指標と連動するように運用されているインデックスファンドに対する投資、ソーシャルレンディングで活用することは少ない、最も有名なのは日経225先物である。
ETF 上場投資信託の略称で上場されている投資信託。
インカムゲインのほかに取引所での売買でキャピタルゲインを狙うこともできる。
ハイイールド債 高利回りの債券の総称。
ロールオーバー 期日がある投資商品で次の期日へ乗り換えすること、ソーシャルレンディングでは同じ運用先ファンドへ乗り換える(更新する)ことを指す。
未収元本 募集期間終了後に回収されていない元本のこと(遅延した元本だけではなく正しく運用している元本も含まれる)。
ボロワー お金を借りたい人
レンダー お金を貸したい人
ポートフォリオ 運用している資産の一覧管理、安全資産と危険資産のバランスなどを管理することが主たる目的。
フィンテック 「ファイナンス」×「テクノロジー」の造語。
インターネットやIT技術を応用した新しい金融商品(サービス)の総称として使われることが多い。
IoT モノとインターネットを組み合わせたサービス。
これまでネットを駆使していなかったサービスにネット技術を応用したものを指す。
ノンバンク 銀行以外で貸金業を行う業者の総称(貸金業の登録業者)
スプレッド 売値と買値の差、一般的にはFXや仮想通貨の買いレートと売りレートの差を表す。
ソーシャルレンディングでは実質利回りと運営事業者の利益を含めた借り手が支払う金額の差額を指す。
第二種金融取引業 ソーシャルレンディングを提供する業者の必須免許。
第一種金融取引業 主に株式を提供する証券会社に求められる必須免許。
第二種よりも登録要件が厳しく、第一種金融取引業があればソーシャルレンディングも提供できる。
匿名組合営業者 自社では金融取引業の免許を持たず、他のソーシャルレンディング業者の名義を使ってサービス提供している業者。
ソーシャルレンディングでは主にmaneoファミリーが該当する。
抵当権 担保不動産に対して返済できなかった時に差し押さえする権利を登記するもの。ソーシャルレンディングでは抵当権の順位が重要になる。
メザニンローン 銀行融資などで不足する部分を補うローン。
デポジット口座 投資専用の口座
固定価格買取制度(FIT) メガソーラーなど再生エネルギー事業で一定期間は発電した電力を固定価格で買取される制度。
最低成立金額 ローンファンドが成立するために必要な最低の総投資金額。
満額成立 募集した金額100%で成立すること。
保証人 債務者が返済できなくなった時に弁済義務を背負う者のこと。
上場企業 証券取引所で株式公開している企業。
上場するには厳しい審査があるため上場企業は信頼性が高い。
つなぎ融資 銀行融資など他の融資を受ける予定だが審査期間等の都合から融資を受けるまで、ソーシャルレンディングなど違う方法で融資を受ける資金調達法(他の借入で返済する予定がある)。